日本酒の種類

日本酒にも色んな種類のものがあります。昔からの習わしの古い名称もありますが、なんでもかんでも名乗っていいものではなく、実は日本酒の大分類は国税庁の清酒の製法品質表示基準という法令によって細かく定められていたりします。大きく分けて8つあるのですが、それらを詳しく見てみます。


特定名称使用原料精米歩合こうじ米
使用割合
香味等の要件
本醸造酒米、米こうじ、醸造アルコール70%以下15%以上香味、色沢が良好
特別本醸造酒米、米こうじ、醸造アルコール60%以下又は特別な製造方法(要説明表示)15%以上香味、色沢が特に良好
吟醸酒米、米こうじ、醸造アルコール60%以下15%以上吟醸造り、固有の香味、色沢が良好
大吟醸酒米、米こうじ、醸造アルコール50%以下15%以上吟醸造り、固有の香味、色沢が特に良好
純米酒米、米こうじ15%以上香味、色沢が良好
純米吟醸酒米、米こうじ60%以下15%以上吟醸造り、固有の香味、色沢が良好
純米大吟醸酒米、米こうじ50%以下15%以上吟醸造り、固有の香味、色沢が特に良好
特別純米酒米、米こうじ60%以下又は特別な製造方法(要説明表示)15%以上香味、色沢が特に良好

日本酒好きとしては、知っていて当たり前でしょうか。まずは目に触れやすいところから抑えてみました。