My Faved Podcasts 2015

どんなPodcast聞いてるの?と聞かれることはないだろうけど、普段聞いているものをまとめてみる。はじめはできる限り英語の環境をつくろうと思い立って、ひたすら移動時間にデザイン系のものを聴き漁ってたけど、気づけばサービスや記事からじゃ到底わからない業界著名人の生声が聞ける点にハマり、わりかし愛聴してる。あと、両手ふさがっている状態で聞けるのもポイント高い。

Design in general

  • Dorm Room Tycoon: Steve Jobs以外インタビューしたんじゃないの、と思うぐらいたくさんの有名人がインタビューされてる。お気に入りは、37signalsのRyan Singerの回。Ryanの回は収録が電子書籍にもなってて、それも買って読みふけってしまったぐらい、いい話満載。
  • The Big Web Show: 言わずと知れたJeffrey Zeldmanのポッドキャスト。直近のJason Santa Mariaの回はOn Web Typographyを読んだ直後でもあったのですごく響いた。TypekitがまだAdobeに買われる前のTim Brownの苦労話や、GowallaがまだFacebookに買われる前の「俺たち近々新機能追加するぜ」と鼻息荒く話すJosh Williamsの回や、Craig ModのLife in Japan的な回や、Khoi Vihnの生声が聞ける、デザインを軸にウェブ全般に関して繰り広げられる胸熱なポッドキャストです。
  • The Businessology Show: 会計士のJason BlumerとデザイナーのDan Mallがやってるという、一風変わったビジネス寄りのPodcastです。Value PropositionやEquityの話など、聞いてて損はない感じ。やっぱりJon Laxの出てる“Exploring the Value of Innovation”の回が好き。あと、はじめのダルい感じのぐだっとしたオープニングもいい。
  • The Gently Mad: 気だるい毎日を憂いた後、前を向く大切さを話してくれる、リポビタンD的なPodcastです。1 何よりも彼の気だるい声のトーンが一番のお気に入り。Seth Godinとのセッションは必聴。
  • 99% Invisible: 99% Invisible is a tiny radio show about design, architecture & the 99% invisible activity that shapes our world. という、一風変わった視点のトンガリ系Podcastです。聞くというより観るという感覚で楽しめ、差し込んでくる音楽やジョーク、声の抑揚など、プロだなーと聴き入ってしまう。正直ここで紹介するどのPodcastよりも、レベルが高い。なぜかSandwitch Videoのつくる動画を連想してしまうのは、多分リズムや展開が似ているからなのかな?ここまでできなくとも、こういうのつくってみたい!と素人を扇動する力がある。2

Front-end

  • ShopTalk: 老舗。CSS-Tricksの管理人Chris CoyierとParavelのDave Rupertの掛け合いが最高。世の中にこんなに早口で話ができる人がいるものなのかと、毎回Chrisの弾丸を耳に受けていて思う。
  • mozaic.fm: たまたまネットサーフィンをしていて見つけたSotaさんのポストにて発見。AltJSの話やらを深く聞くことができる。といってもまだあんまり聞けてないので、これからもっと聞きたい。

Back-end

  • Rebuild.fm: 愛聴。デザイナーは第16回の“Designing new Rebuild.fm”から聞くとハマるんじゃないかと。back-endというよりも、最近のApple製品の話やコーヒー、将棋の話などざっくばらんとしてるのにどの話も深い感じがたまらなく好き。
  • The Talk Show: John Gruberの生声が聞けるPodcastです。Markdownには相当お世話になっているので、ことあるごとに聞いておこうと思ってる。

Movie

  • ライムスター歌丸のウィークエンド・シャッフル: この映画周りもさきほどのSotaさんのポストで発見。まだ2015年第一回目のやつしか聞いてなくて、映画Podcastなのにただボードゲームの話してるだけの回だったのが衝撃だった。今後に期待。
  • たまむすび: ザ・癒し系。料理しながら聞くのに最適なPodcast。ついでに映画について詳しくなれる。週末映画館に行こうという気分にさせてくれる。(しかしまだ行ったことがない。)

まだ聞いていないものと、放送が終わってしまったものはリストから除外した。上記の番組を、InstapaperのMarco ArmentがつくったOvercastで聞いてる。優秀な倍速モードのお陰で、通勤30分以内に1話全部聞けるので、持ってるアプリの中でオープン率が高いお気に入り。好きな番組を見つけたらとりあえずSubscribeして、気になる回だけハンドピックして聞く。特に好きな番組は、アーカイブを辿って初回から聞いていくのもおもしろい。基本的にテレビとか見ないので(というかそもそも家になかった)、通勤中、料理中、朝起きてから家出るまでのBGMとして、カジュアルにひたすら聞いてる感じ。散歩中なんかはぶつくさシャドーイングするのに最適だけど、せめて職質されない程度に発声音を抑えなきゃなと最近は考えている。iPhoneのスピーカー音が小さいゾと感じたそんなあなたには、JBLワイヤレススピーカーがオススメ。料理中の雑音の中や、PodcasterやIntervieweeの声が小さかったり音声不良の場合など、迫力サウンドで重宝します。他にもこういうPodcastおもしろいよ!というのがあれば、ぜひ教えて下さい。

  1. ブログ記事やPodcastにしても、海外の人のこの赤裸々さは本当にすごいと思う。自分の意見があってこその発言だし、それを包み隠さず素直に書く・話す。Mediumの記事なんかがいい例。Opinionatedになるのはやりすぎだけど(時には大事!)、内気で根暗なタイプの日本人としては、この点、2015年頑張りたい。

  2. ちょっと脱線。こういうPodcastやDJのMixなどで切り刻まれてる音源って著作権まわりどうなんだろう。例えば、国をわたってApp StoreのApp Previewsで動画を展開するときは、日本・アメリカ両方の著作権が絡んでくるのだろうか?ネットで調べた限りでは、もちろんちゃんと許可取らないと黒なのだけど、国またぎの場合とか専門家に聞かないとちょっとなんとも。この曲のラの音だけ取りました、とかいう場合も許可が必要なものなのだろうか。一製作者として、この辺読まないといけないんだろうなということは、薄々感じてはいる。