Baseline Grid

Baseline Grid

面倒なベースラインの計算を、一挙に担ってくれるツールです。

扱う媒体の縦幅と、目的に見合ったフォントサイズ、比率を選択すると、新しいコンテンツの縦幅が自動計算されます。天地左右に均等な余白を取ることで、全体のバランス感を均一に保ちます。また、データをマークダウン形式でコピーできる機能や、外側の余白をベースライン以上にして再計算する機能、算出されたベースラインに保有しうるrowを自動計算する機能など、最低限のオプションをつけました。ptからmmへの変換などは、柔軟性の高いGoogleのCalculator and unit converterがオススメです。

名刺を始め、本、雑誌、ポスターやフライヤーなど。媒体の縦幅が決まっていれば、デザインの骨子となるベースラインをきちんとつくることができます。InDesignではそれが簡単に算出できますが、他のツールでベースラインを計算しようにも適切なツールが備わっていないため、手計算の手間が生まれます。満足行く値を取得するまで、毎回ややこしい計算を繰り返し、思い返せばベースライングリッドを引く作業は、かなりの時間泥棒でした。ほとんどの人にとって、完璧なベースラインを引くことがゴールではないし、デザイナーにとってそれはあくまでも補助であり、それ以外の山ほどある課題に時間を使うべきです。

ということで、せっかくつくったので公開してみることにしました。しっかりとグリッドを引くところからデザインを始める、どこかのだれかの失われた時間が、このBaseline Gridでサクッと解消されることを願って。

ToDo

  • Van de Graaf canonなどをベースに、余白オプションの追加
  • 「こういうツール欲しい」という要望がありましたら、こちらからご連絡いただけると、暇な時につくるリストに追加させていただきます。

URLhttp://baselinegrid.shotasetoguchi.jp
REPOSITORYhttps://github.com/ststgc/baseline-grid
COLOPHENSet in JAF Facit. Generated by Middleman using Sass, Slim, and Javascript. Hosted on Github.