2015

2014年の抱負として湯船で立てた「そろそろブログやる」という淡い決意を、年始に形にしてみる。ここは実験の場としても使っていきたいので、諸々試行錯誤するとして、とりあえずYAGNI_readmoreということで運用開始。2014年の振り返りを兼ねて、適当に書く。

Books

TypographyやGridに関して、深く再考できた一年だった。車をつくるのにタイヤから開発し直すのは非効率だけど、その形に至った経緯を知っているのは大切だと再認識。行間やフォントサイズから、コピーライティングまで。細かい決断の総和が全体の質につながるので、ここは引き続き2015年も根掘り葉掘りしていく。Web Design is 95% Typographyを久々に読み返していて、暗い深夜の元旦の部屋でウンウンとうなずいてしまった一文を抜粋。

The typographer shouldn’t care too much what kind of fonts he has at his disposal. Actually the choice of fonts shouldn’t be his major concern. He should use what is available at the time and use it the best he can.

watchしかり、pepperしかり、インターフェイスはこれからも増えていくだろうし、形あるものだろうがデジタルだろうが、人が情報と触れあうための箱はそこにあり続ける。そのためにも、状況に応じた最適答を、万全の状態で提供できるように準備しておく。あと、読みたい本というものは一生なくならないので、片っ端から読み倒したい。読みたいリストも、日々更新されているので誰かお年玉として、くだちゃい。最後に面白かったものリストをメモしておきます。

  • Grid Systems in Graphic Design
  • Thinking with Type
  • Adrian Frutiger - Typefaces: The Complete Works
  • The Vignelli Canon
  • Design Vignelli
  • The Elements of Typographic Style
  • ON WEB TYPOGRAPHY
  • Designing Programmes

Movies

記憶にほとんど残っていないので、あんまり人生を左右する映画には出会えなかったことになる。無類の映画好きとしては、悲しい限り。この記事を見て「舟を編む」が観たくなって観たけど、途中で寝てしまったのでまた年始にでも観たい。活字に疲れたらこのリストを漁るのはよさそう。

Development

Middleman, SASS, Slim, CoffeeScript, Grunt, Sketchがいなかったらと考えると、恐ろしい。この辺のツールには大変お世話になりました。僕の代わりに複雑な演算をしてくれてありがとうございます。2015年もお世話になりますとともに、何か使えるものを1つでもつくって、コミュニティに貢献します。

ということで、長くなりましたが2015年もよろしくお願いします。